teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


和歌の内容

 投稿者:世捨て人  投稿日:2007年12月10日(月)12時56分19秒
   2007年12月9日(日)、ほんとに久しぶりに飛鳥寺にまいりました。大きな道路ができた他はほとんど変わらないそのたたずまいに10数年前を鮮やかに思い出し、感無量でした。
 ところで、回廊の途中にあった和歌、一緒に行った後輩からこれはどんな意味かと問われ、答えられませんでした。帰ってから調べようと思ったら、肝心の歌まで忘れているていたらく!歳はとりたくないものです(ちなみに寅年57歳)。あの歌とその意味を教えてくれたらありがたい。
 衣に色がついたとかつかないとかいう歌でしたが・・・・
 
 

飛鳥はいいですね!

 投稿者:Aおじさんメール  投稿日:2007年 3月30日(金)02時01分54秒
  みなさん はじめまして 一番乗りでしょうか?

飛鳥に魅せられてまだ3回の訪れですが、
1回目は去年の飛鳥寺の金堂の礎石の発掘説明会を機に、
甘樫の丘、飛鳥寺とその周辺から始まりました。
2回目は石舞台と山を越えて淡山神社。少し山越えに参りました。
3回目は飛鳥資料館と山田寺を先日回ってきました。

ぼちぼち宿泊も考え、まず村はずれの民宿?、祝戸荘を考えています。
そしてここの会館もいいですね。しかし団体でないとだめなのは残念です。
いつも夫婦2人で行動していますので。できれば個人でも泊まれるといいですね。
飛鳥はしばらくは最低月1回は訪れようと思っています。

いつも村の人々の優しさに触れることができ、自然の景色とで心が洗われます。
先日もおいしい野菜をたくさんわけていただき喜んでおります。

飛鳥の皆様、今後ともよろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/1